通貨

マンション管理会社の探し方|手間をグッと省ける

利回りと家賃

収益物件を購入するさいには、家賃相場に沿った物件であるか確認することが重要です。家賃相場よりも高い家賃を設定している場合には利回りが高くなりますが、入居者を見つけにくくなり実質的な利回りは低下するリスクがありますし、低い場合には収益率そのものが悪くなります。

構造の特性を知ろう

不動産投資をするのであれば、物件の構造についても理解しておきましょう。構造の違いは耐火性や遮音性のほか、耐用年数にも影響してきます。耐用年数は不動産投資のキャッシュフローを考えるうえで重要な要素となってきます。

オーナーの心強い味方

賃貸管理サービスを利用すれば、オーナーが直接物件を管理する必要はありません。家賃収入が保証されることにもなるので、肉体的にも精神的にも負担が軽減されます。賃貸管理サービスを行っている業者はプロなので、空き室対策など、経営に関する有力なアドバイスをもらうこともできるでしょう。

良いマンションを見分ける

集合住宅

しっかりした管理組合とは

マンションには、住民の管理組合を置くことが法律で定められているので、必ず設置されております。管理組合を置く目的は、住民が安全で快適に暮らすためのもので、管理がしっかりしているということはマンションの資産価値をUPする要因になっています。住民の人数が少ないマンションであれば、住民が管理組合を組織して管理・運営することも可能ではありますが、多くの人が住んでいるマンションでは、住民が集まって協議をする機会を設けることは非常に困難で、管理組合として意思決定することができないという状況に陥ってしまいます。そこで、近年非常に人気がたかいのがマンション管理会社の活用です。マンションの維持には多くの仕事があります。設備の保守点検による安全の確保、会計処理、セキュリティー関係、施設の維持管理としての修繕や建て替えなど幅広いジャンルにおいて業務量も非常に多くあります。そのため、マンション管理は住民の管理組合が行うには荷が重い業務だといえます。だからこそ、ほとんどのマンションでは、専門職であるマンション管理会社と契約を結んでいます。世の中には建物は立派でも、意外と管理組合の運営がしっかりしていないところが多くあります。.マンションを投資先として選ぶときは、マンションの建物自体の評価や立地も大事ですが、マンション管理を引き受けているマンション管理会社の良し悪しを確認することも大切なことです。