玩具の家

マンション管理会社の探し方|手間をグッと省ける

利回りと家賃

積み木と電卓

不動産物件の利回りとは

不動産物件のうち収益化されている収益物件を購入するさいの参考情報となるものが利回りです。利回りといえば金融商品などでよく聞かれるものですが、不動産物件の場合には販売価格に対して得られる最大限の収益を割ったものです。例えば2000万円の物件で、年間最大200万円の収益がある場合には利回りは10%になります。このため収益物件を購入するさいには利回りが高いところほど収益率が良いということになりますが、実際のところは少し事情が変わってきます。収益物件での利回りは一般的には最大数値であり現行の家賃設定に対しての数字です。家賃設定は家賃相場をもとに設定されていますが、すべての収益物件が必ずしも家賃相場に沿ったものではありません。このため実際に購入するさいには現行の収益を割った実質利回りに注目する必要があります。一方で建物の築年数が長いほど建物の価値は下がりますから、家賃相場通りであっても利回りは高くなります。しかし、建物の築年数が長いということは修繕する必要性があり、購入金額以上の出費が必要なケースもありますし、また入居者が集まりにくくなるため、利回りは高くても実質利回りは低くなる可能性があります。いずれにしても収益物件を購入するさいには適切な家賃相場に沿った家賃が設定されていることがポイントです。家賃相場よりも低く設定されていれば収益率が低下しますし、高く設定されていると新たな入居者を見つけるのが難しくなります。