宣伝をするには

色見本

活用方法を知ろう

お客さんを集めたり、何かを広めたりするためには宣伝が欠かせません。宣伝をする方法はたくさんありますが、現在ではインターネットを利用した宣伝が一般的になっています。しかし、それに負けないくらいチラシを利用した宣伝も一般的です。そして、チラシを利用した宣伝の場合、印刷方法によってそれぞれ宣伝のメリットが変わってきます。そして、チラシで宣伝をする際に注目したい印刷方法は、フライヤー印刷です。フライヤー印刷等いう名前が付いた理由は、何かを宣伝する際に飛行機やヘリコプターなどを使って、空から印刷物をばらまく方法のことを、「フライヤー」と呼び、そして、それに最適な印刷方法をフライヤー印刷と呼ぶようになったからです。フライヤー印刷の最大の特徴は、紙が厚いことです。せっかくのチラシも鞄やポケットの中でぐちゃぐちゃになってしまっては非常にもったいないです。しかし、フライヤー印刷ならば、紙質がしっかりしているので、ぐちゃぐちゃになりにくいです。そして、この特徴を生かしたフライヤー印刷の活用方法は、直接手渡しする宣伝に使うという方法です。直接手渡しする際には、相手がそのチラシをバックにそのまま入れたり、ポケットにねじ込んだりすることが考えられます。そういった場合でも、フライヤー印刷のチラシであれば、ぐちゃぐちゃになりません。そのため、相手が家に帰ってそのチラシを読む可能性が高くなります。効果的に宣伝を行うためにも、フライヤー印刷を活用しましょう。

人気記事

CMYK

デザインや紙質をチェック

フライヤー印刷を依頼する際には、使用目的に応じてデザインや紙質を選び、イメージと異ならないよう業者としっかり打ち合わせることが大切です。また納期に間に合うかどうかを確認し、連絡窓口を明確にしておきます。

印刷

宣伝チラシは丈夫に作る

フライヤー印刷を業者に依頼する際には、スピード優先ならば地域の印刷所、細かいオーダーを出したいときには大手業者にネットで依頼するといいでしょう。フライヤーは普通のチラシより頑丈なので、紙が破けやすい屋外イベントなどに向いています。

ポスティング

業者に依頼する魅力や利点

業者を利用すれば簡単にフライヤー印刷が行えます。データを用意して入稿すればOKなので手間をかけずに印刷が行えるのです。業者に依頼した方がコスト削減にもなります。料金表などを比較してから業者選びを行ってください。