デザインや紙質をチェック

CMYK

連絡窓口を確認

フライヤー印刷を依頼する際には、使用目的によってデザインやサイズや紙質を選ぶ必要があります。できるだけ多くの人に情報を伝えたいなら、紙質を多少落としてもコストを下げ、大量に印刷するのが望ましいでしょう。デザインも派手にして人目を惹くことが大切です。特定の顧客や店舗への来客に配布するなら、ブランドイメージを高めるために上質なフライヤー印刷を依頼するのが定石です。内容も少し詳細な商品情報を伝えることが目的となります。仕上がりがイメージと異なり、不満が残ることのないように、事前にしっかり打ち合わせましょう。デザインや入稿の方法は、業者によって異なるので、利用しやすい業者を選んでください。可能ならばフライヤー印刷のサンプルを取り寄せ、チェックしておけば安心です。イベントなどでフライヤーを配布するときは、納期に間に合うかどうかが重要なポイントになります。繁忙期で仕事がたて込んでいると、専門業者でも対応しきれないことがあります。特に大量のフライヤー印刷を依頼する際には、指定の場所まで確実に届くかどうかを確かめましょう。最近では当日出荷や翌日出荷といった、スピードをセールスポイントにしている業者もあります。また細かいことですが、もし仕様の変更やトラブルがあったときのために、連絡窓口を確認しておくことは大切です。深夜や早朝でもサポートを受けられる業者なら、安心してフライヤー印刷を発注できるでしょう。

人気記事

CMYK

デザインや紙質をチェック

フライヤー印刷を依頼する際には、使用目的に応じてデザインや紙質を選び、イメージと異ならないよう業者としっかり打ち合わせることが大切です。また納期に間に合うかどうかを確認し、連絡窓口を明確にしておきます。

印刷

宣伝チラシは丈夫に作る

フライヤー印刷を業者に依頼する際には、スピード優先ならば地域の印刷所、細かいオーダーを出したいときには大手業者にネットで依頼するといいでしょう。フライヤーは普通のチラシより頑丈なので、紙が破けやすい屋外イベントなどに向いています。

ポスティング

業者に依頼する魅力や利点

業者を利用すれば簡単にフライヤー印刷が行えます。データを用意して入稿すればOKなので手間をかけずに印刷が行えるのです。業者に依頼した方がコスト削減にもなります。料金表などを比較してから業者選びを行ってください。